• 高校生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 転職や進路変更をお考えの方へ
  • 教職員の方へ
  • 学科紹介
  • 学費・奨学金
  • 当校の特徴

学外体験実習Ⅱ(ふれあいタイム)を行いました

2020.10.26 / 言語聴覚学科ブログ

言語聴覚学科2年生は、10月13日(火)~17日(土)に学外体験実習Ⅱ(ふれあいタイム)を行いました。

机上で勉強してきたことを実際の現場で実施し確かめる。

毎年、この時期に冬の評価実習へ向けたプレ実習として、同じ法人内にある関連施設の協力の下、現場に必要な“3つの力(観察力、対応力、コミュニケーション力)“を育みます。

サンビ校の理念である実践力の向上は、現場での豊富な実習経験に裏付けされています。

今年は、コロナの影響で実施が危ぶまれましたが、各施設のご協力の下、無事実施することができました。

今回、学んだ経験を次の臨床評価実習に活かして欲しいものです。

言語聴覚学科教員 森 晃雄


ICTを活用した「地域福祉論」の授業

2020.08.28 / 言語聴覚学科ブログ

言語聴覚学科1年生の前期開講科目の1つに「地域福祉論」があります。

この講義の目玉は入学してまだ日の浅いうちから、関連施設でコミュニケーションの実践が積めるという点にあります。

初めは苦戦しながらも利用者との関係を築き、コミュニケーションの楽しさを体感する授業です。

今年度は新型コロナウイルスの影響もあり、直接利用者の方とお話しすることはできませんでしたが、

学校と施設を二元中継でむすび、失語症の方とお話ししました。また、実際のSTの訓練場面も見学することができました。

 

授業後の学生達の感想です。

「訓練をすることももちろん大切ですが、会話を楽しめるようにすること、その方に合わせた方法でコミュニケーションを

とることが大切だと分かりました。」

「失語症の人に限らず、笑顔を引き出すことのできるS Tになりたいと改めて感じました。」

「失語症になってもお話をすることは楽しいと感じていると思うので、もっと失語症についての知識を身につけて

お話がしたいと思います。」

「とても楽しかった。今度は、直接会ってお話したいと思った。訓練の様子もわかり、少しイメージが持てて最高の1時間半だった。」

画面越しでしたが、様々なことを感じ、考えることができたのではないでしょうか。

生のコミュニケーションには適いませんが、皆が同じ場を共有することで、クラスメイトからも学ぶことができ、

コロナ禍における新たな実践の形が発見できた日になりました。

 

 

言語聴覚学科 湯川 朗子


新入生を歓迎する会 

2020.06.12 / 介護福祉学科ブログ,作業療法学科ブログ,保護者の方へ,社会人の方へ,言語聴覚学科ブログ,高校生の方へ

全ての学生が登校できるようになった6月2日

4月にできなかった入学式のかわりに

新入生を歓迎する会が開かれました。

新入生代表として介護福祉学科の森公希くんからの誓いの言葉をご紹介します。

 

新入生誓いの言葉

本日は、私たち新入生のためにこのような会を開いていただき、ありがとうございます。理事長、校長先生、そして先輩方からの心のこもった激励のお言葉をいただき、新入生一同、身の引き締まる思いがいたします。今までとは違う新しい環境での生活に不安もありますが、それ以上に楽しみや期待で胸が高鳴ります。

私が介護福祉士という仕事を知ったきっかけは、中学二年生の時の高齢者施設での職場体験です。私は昔から地区の集まりでご高齢の方と話す機会が多く、とても楽しいと感じていました。これを仕事に生かせないかという事で、その職場体験に行きました。そこではご利用者と一緒に体操をしたり、かるたをしたりするなどの体験をさせていただきました。最初は話し掛ける勇気がありませんでした。しかし、ご利用者の方から話しかけていただき、色々な話をすることができました。そして笑顔で話してくださる様子を見て、とても嬉しくなりました。この時、私は介護福祉士になろうと決意しました。

中学三年生の時のボランティアで、寝たきりのご利用者に飲み物を渡しに行った時のことです。「飲み物を持ってきました。」と言うと、大きな声で「あぁ!?」と言われました。そのとき私は怖くなり何も言う事ができなくなりました。近くにいた介護福祉士の方が助けてくれましたが、私はひとりでできないことがとても悔しいという気持ちになりました。そして、ふとその方を見てみると、笑顔で介護福祉士の方と話をしている姿がありました。後から聞くと、急に怒ってしまうのは認知症の症状であって、悪気が有るわけではないとのことでした。その話を聞いて、怖いという気持ちよりもその方を笑顔にしたいという気持ちが強くなり、介護福祉士になりたいという思いが強くなっていきました。

それからは介護のボランティアや介護のことを学ぶことのできる本校のバスツアー、オープンキャンパスにも参加させていただきました。しかし、介護福祉士は大変な仕事だからと両親は賛成してくれませんでした。私は諦める事ができず、両親にこの職業に就きたいという熱意を何度も伝えていき、ようやく自分の好きなようにやりなさいと言ってもらえるようになりました。そして、いつも私の悩みを聞き、励ましてくれた祖母も応援してくれています。私は、家族を始め、今まで支えてくれたすべての皆さんに心から感謝し、その期待に応えられるように頑張っていきたいです。

本校は豊かな自然と家庭的な雰囲気があふれるすばらしい学校です。私たちはそのような環境の中で介護福祉士、作業療法士、言語聴覚士になるための、新たな一歩を踏み出しました。新しく出会った仲間と共に、日々目標に向かって勉強に励んでいきます。また、知識や技術だけでなく思いやりの心を持ち、ご利用者の気持ちを考え行動できる人になりたいです。

最後になりましたが、先生方、先輩方、これからのご指導をよろしくお願いします。

令和二年 六月二日

サンビレッジ国際医療福祉専門学校 新入生代表   森 公希

 


本日より全面的に対面授業となりました。

2020.06.01 / 言語聴覚学科ブログ

介護福祉学科、作業療法学科の一部の授業で対面授業を行ってきましたが、6月1日より、言語聴覚科も全面対面授業となり、これで3学科ともすべて対面授業が再開されることとなりました。

学生の声が無く静まり返っていた教室に、約3か月ぶりに学生の笑顔が戻ってきました。

4月からWEB授業に取り組んできましたが、やっぱり、はつらつとした学生たちの顔が見える風景は良いものです。

本校では”校内における感染予防策”として、1.登校前、2.在校中、3.昼食時、4.下校時の各フェーズに分け、感染源・感染経路を絶つための具体的な対策を実施しています。

これからも安心・安全な学校生活に向けて、密(密閉、密集、密接)を避けるよう意識し、新しい生活様式の実践に学校全体として取り組んでまいります。在校生の皆さんには、引き続きご不便をお掛けしますがご協力をお願いします。

言語聴覚学科教員   森 晃雄


感染予防対策から学ぶ

2020.05.25 / 介護福祉学科ブログ,作業療法学科ブログ,保護者の方へ,教職員の方へ,社会人の方へ,言語聴覚学科ブログ,高校生の方へ

5月20日より少しずつ対面授業を開始しています。

 

感染予防として、登校後、朝の検温・手指消毒・衣服の消毒を玄関で行っています。

 

もちろん順番を待つときにはソーシャルディスタンスを守ります。

 

今後、福祉や医療の現場に出ると自分の体調を知ることも重要になってきます。感染予防についても、求められることが今後は増えてくると思われます。

 

学生の皆さんと同じように私たち教員にとっても初めてのことばかりで慣れない事もありますが、皆さんと同じように感染予防について学ぶ機会となっています。

 

相手を守るため・自分を守るためにそれぞれが意識をしていけるとよいですね。

1 / 2212345...1020...最後 »

ページのトップへ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。