• 高校生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 社会人の方へ
  • 教職員の方へ
  • 学科紹介
  • 学費・奨学金
  • 当校の特徴

体験を通じた学び ~言語聴覚学科1年生の授業から~

2018.04.19 / 言語聴覚学科ブログ

今日は、言語聴覚学科1年生の授業を覗いてみることにしましょう。

教科は『基礎介護技術』、講師は本校 介護福祉学科の和久井愛先生です。

この授業では、例年、初回の授業で『障がい体験』を行っています。

 

まずは、使い慣れた利き手とは反対の手で折り紙を折る体験。

利き手交換をしているので通常よりも倍以上の時間がかってしまいます。“鶴”も複雑すぎて最後まで折ることができません。

 

白内障の体験では、疑似体験できる特殊な眼鏡をかけて針に糸を通してみました。

視界の先にはどのような視界が広がっているのでしょうか。

 

また、失語症の疑似体験では、音声言語ではなく身振りで伝えることの難しさも経験しました。

一生懸命伝えようと身ぶり手ぶりを駆使してもなかなか伝わらないものです。

 

「先生、どうしよう」「全然伝わらないです」と学生達も悪性苦闘の表情でした。

相手に思いが伝わらない事のもどかしさを感じることができたでしょうか。

聞く側の姿勢も大切です。相手のことを知りたいという姿勢があってこそコミュニケーションは成立するのです。

 

今回の障がい体験を通じて、何を学び、どう感じてくれたでしょうか。

 

 

本校では、教科書だけでは感じることができない“experience-based learning(体験型学習)”を大切にしています。

1年生のこの時期から講義(知識の習得)→実践(体験)→振り返り(ディスカッション)というスパイラル方式の授業を展開しているんですよ。

 

さて、次はどんな気づきや発見が学生たちを待っているのでしょう。今から楽しみです。

 

 

言語聴覚学科 教員 森 晃雄


学科交流会(言語聴覚学科)

2018.04.16 / 言語聴覚学科ブログ

入学式から1週間が経ち、新入生オリエンテーションもひと段落ついた金曜日の午後、新しい仲間へ歓迎の意を込めて学科交流会を開催しました。

開始直後の自己紹介では少し緊張気味でしたが、それぞれのテーブルごとに分かれてからはその緊張もほぐれたのか、笑顔で自分の出身地の話題や特技・趣味などを話してくれました。

上級生達からは、授業の話、休日の過ごし方、アルバイトなど勉強面や生活面をアドバイス。

今年も岐阜県内のみならず、東北地方や北陸地方など全国から新しい仲間がわが校へ集いました。

実は、上級生の中にも信州や関西出身者が在籍しているんですよ。

 

「いろんな地域出身の方々と一緒に学べるって楽しいですよね」と、感想を述べてくれた1年生のA君。

 

それぞれ生まれ育った地域や環境は違いますが、各地から言語聴覚士を志す若人が、岐阜県にあるこの学び舎を選んで来てくれています。

それがこの小さな学校の大きな自慢なんです。

 

 

新入生の皆さん。ようこそ自慢の学び舎へ。

この3年間で色々な発見をしてください。

そして色々な経験をして下さい。

 

教職員一同、皆さんの羅針盤となって言語聴覚士の夢をサポートしていきます。

 

言語聴覚学科 教員  森 晃雄

 


視覚障害の体験から学んだこと

2018.04.11 / 言語聴覚学科ブログ

言語聴覚学科3年生は、今日から視覚聴覚二重障害の講義が始まりました。

文字通り、視覚と聴覚に障害を持った方の生活や社会資源について学んでいく講義です。

講義を担当して下さるのは、当事者でもある上野先生です。

 

今日の講義では、視覚聴覚二重障害の概論に加え、視野狭窄(視界が狭い)の体験や、全盲(全く見えない)の体験をしました。

 

Low Visionキットという特殊な眼鏡をかけ、視野狭窄の体験。

 

ホワイトボードに何が書いてあるか読んでみたり

 

クラスメイトがどこにいるか、手探りで探したり

距離感が掴めずに苦労をしている学生もいました。

 

全盲の体験では、介助者に手を引かれ、行先が分からないまま移動をしました。

「見えない」怖さからか、介助者がしっかり手を握ってくれていても、へっぴり腰に。

 

「ここで待ってて」とだけ伝えられ、介助者が離れてしまったため、どこか不安そうにたたずんでいました。

 

 

また、アイマスクをしたまま折り紙を折ってみました。

クラスメイトが何を折ったか手探りで確認。

なかなか芸術的な作品に仕上がりになりました!

 

人は、様々の情報の約80%を、視覚から得ているとされています。

その視覚情報が完全に遮断されたとき、学生たちは声をそろえて「怖かった」と話していました。

では、この「怖い」という感情は、どうしたらなくなるのでしょうか?

 

その答えは、講義の最後に先生がお話しして下さった中にありました。

 

「初めて会った人でも、どんな楽しいところに連れて行ってもらえるかワクワクします。介助してくれる人を、信頼することが大切です。」

リハビリをする上でも欠かせない信頼関係について、またいつもと違った方向から学ぶことが出来たのではないかと思います。

さて、次の講義ではどのようなことが学べるのか、楽しみです!

 

(言語聴覚学科 教員 板津)

 


実習が人を育てる

2018.03.28 / 言語聴覚学科ブログ,高校生の方へ

学内での講義を通して学んだ知識を、病院や施設などの現場で実際に検査や訓練を行い、実践力をつけることが臨床実習の目的です。現場での発見と感動は、一人ひとりを成長させてくれます。

この冬、言語聴覚学科の2年生は1ヶ月の臨床評価実習を経験しました。

以下は先日行われた報告会の様子です。

 

 

先輩の発表の内容に耳を傾け、メモをとる学生の表情も真剣そのもの。

 

別の病院に行った同級生からも質問が飛び交います。

 

現場では机上のテストのように決まった正解はありません。

その場でその都度考えながら、自分で答えを導き出さなくてはならないのです。

大切なことは、もがきながらも自分なりに何かしらの答えを出すこと。

その過程で、「なぜ?」「どうして?」と考えたり、「あーでもない」「こーでもない」と色々な可能性を探ることが大切なんです。

 

「自分の考えが間違っているんじゃないか?」と思ったりしていませんか?

不安のあまり「緊張する」と萎縮し過ぎていませんか?

 

ある実習先の先生がおっしゃっていました。

「患者さんにとって一番良い方法は何なのか。色々手探りしながら考えることが大切なんです。その過程にさまざまな選択肢があるけど何が正解なのかは、やってみないとわからない。だから、自分で出した答えが仮に間違っていたとしてもそれはそれでいいんですよ。自分で考えて出した答えなんだから…」

不安でいっぱいだった学生は、その言葉に「嬉しかったです」と目に涙を浮かべながら笑顔で話してくれました。

彼女にとって、きっと忘れられない実習になったことでしょう。

 

実習は学生を成長させてくれます。

また、患者さんから学ばせていただいていることを改めて感じる瞬間でもあります。

そして、私たち教員は、その懸命な学生の姿からこう学ぶのです。

 

『初心忘れるべからず』と。

 

 

言語聴覚学科 教員  森 晃雄


第21回卒業式(その3)

2018.03.20 / お知らせ,介護福祉学科ブログ,作業療法学科ブログ,保護者の方へ,教職員の方へ,社会人の方へ,言語聴覚学科ブログ,高校生の方へ

卒業生代表 介護福祉学科 大江咲子さんの答辞。

彼女が在校生に向けたメッセージ。その内容は目頭を熱くさせられるものでした。

主婦、母親、そして学生と三足のワラジを履く彼女が『悔いの無い学校生活を送ろう』という決意を胸に走り切った二年間。

「人生で最後まで諦めず一生懸命頑張ったことが無かった」と話す彼女が、今、卒業生代表として

「二年前とは確実に違う自分がここに立っています」と述べていました。

以下に答辞の全文を掲載させていただきます。

 

答辞

暖かく柔らかな日差しと共に、春の訪れを感じる頃となりました。

本日、私たち卒業生は、それぞれの課程を修了し、このサンビレッジ国際医療福祉専門学校を巣立ちます。

理事長、校長先生をはじめ諸先生方、ならびにご来賓の皆様のご臨席のもと、このように盛大な卒業式を挙行していただき、卒業生一同、心からお礼申し上げます。

振り返ってみますと二年前、不安を抱えながらも、これから始まる新しい生活にわくわくしながら、この場所で入学式を迎えました。私たちはこの学校の理念である『人の痛みを自分のこととして感ずる感性と、人が等しく生きてゆくことの福祉観を基本として』をもとに、介護福祉学科、作業療法学科、言語聴覚学科のそれぞれの専門性を活かし、生活を支えていく者として、たくさんのことを学んできました。

特に、二年間で六回あった実習では、私たちが学んでいる“介護”とはいかなるものなのかを理屈ではなく、心と身体で知ることができました。初めての実習では、介護の大変さ、責任の重さ、支援の難しさを知り、自分に自信がなくなりました。利用者の方が、何を話されているのか分からず困惑し、いつも怒っておられ、手が出る利用者の方とのコミュニケーションに心が折れました。「早く死にたい」と話される利用者の方に、また、「家へ帰らせて」と何度も頼まれる利用者の方に、何と返事したらいいのか分からず、おろおろするばかりでした。食事介助では、スプーンにのせる一口の量に悩み、ムセこみに怯え、スプーンを持つ手が震えました。靴下ひとつ着脱するのにも時間がかかり、緊張で汗がふき出しました。

そのうえ、利用者一人ひとりで異なる支援方法。また、同じ利用者の方であっても、その日、その時、その場面で支援方法が変わることもあり、セオリーがありません。誰でもできる仕事だと思っていた私の介護に対する認識は一変し、一気に不安が広がりました。しかし、それと同時に介護を学ぶ意味と重要性、介護福祉士の必要性と存在意義、そして、今の介護のあり方を知ることができました。

また、実習を重ねていく内に、最初は全くできなかった利用者の方とのコミュニケーションが自然とできるようになり、スプーンを持つ手は震えなくなっていました。実習期間が終わりに近づくと、利用者の方と会えなくなる寂しさで胸が痛み、最終日には、私の手を強く握って「頑張るんだよ。ありがとうね。」とおっしゃり、涙をこぼされる優しい利用者の方に、離れがたい思いと感謝の気持ちで涙があふれました。数々の実習を通して、介護の奥深さや楽しさ、やりがいを見つけることができました。

実習も大変でしたが、主婦であり母である私には、家庭と学業の両立も想像以上に大変でした。帰宅すると家事に追われ、毎日の授業の復習や課題をこなすには、睡眠時間を減らすしかありませんでした。夜十一時前後に寝て、朝四時に起きるという生活が続き、テストや実習期間になると睡眠時間は更に減りました。気持ちに余裕がなくなり家族にあたったり、家事をおろそかにし、自己嫌悪に陥ることも何度かありました。けれど「もう辞めよう」「学校なんか辞めよう」と思ったことは一度もありませんでした。それは、この学校に入学した時「悔いの無い学校生活を送ろう」と決意していたからです。

私は自分の人生の中で、最後まで諦めずに一生懸命頑張ったことがありませんでした。自分の人生に自信をつけたかったのだと思います。二年間くじけずにやり通せたら自信を持って生きていけるのではないか、これがその最後の機会ではないかと。そして、今、二年前とは確実に違う自分がここに立っています。それは自分ひとりの努力だけでは成し得なかった事です。周りの支えあってこその結果だと思っています。

学校生活でもいろいろな事がありました。自分の子ほども年の違うクラスメイトに、どう接すればいいのか最初は不安でしたが、一緒に過ごしていくうち、自然な会話ができるようになっていました。思えばクラスメイトと過ごす毎日が、コミュニケーションやチームワークの力をつける勉強になっていたと感じます。個性の違う一人ひとりの存在があってこそ、自分とは違う見解があることを知り、それを聞く姿勢が大切であることを学びました。国家試験の合格と卒業という共通の目標に向かって、共に悩み、助け合えた二年間でした。

本日、この佳き日を迎えることができたのは、未熟な私たちを優しく受け入れて下さった利用者の方々、学び多き実習になるようにアドバイスしてくださった指導者の方々、いつも暖かい励ましと時には厳しくご指導くださいました先生方、苦楽を共にしてきたクラスの仲間たち、そして、今日まで私たちを見守り、心の支えとしてなってくれた家族のおかげです。心より感謝申し上げます。

私たちは卒業し、それぞれの新しい道を歩み始めます。ここで過ごした日々は私たちの誇りであり、これから各々が未来を切り開いていく力になると思います。まだまだ未熟な私たちではありますが、温かく見守ってくだされば幸いです。そして、在校生の皆さん、隣を見てください。あなたの隣にいる人は、あなたが困った時に力になってくれる人です。そしてあなたは、隣にいるその人の力になってあげてください。時にはぶつかり、反発しあう事もあると思います。どうしても好きになれない相手もいるかもしれません。それでも助けてあげて下さい。それが必ずお互いの成長につながります。もしもこの先、自分たちだけでは解決できない問題が起きた時には、皆さんの力を信じ、見守ってくださる先生方のお力を借りて、乗り越えていってください。そして、常に感謝の気持ちと笑顔を忘れないでください。

同じ道を志す皆さんが、有意義な学生生活を送られますことを心からお祈り申し上げます。

最後となりましたが、理事長、校長先生をはじめ、ご臨席の皆様のご健勝を念じますとともに、私たち卒業生の故郷である、サンビレッジ国際医療福祉専門学校の益々のご発展を心より祈念し、答辞といたします。

 

平成三十年三月十三日

サンビレッジ国際医療福祉専門学校

卒業生代表 大江咲子

1 / 1312345...10...最後 »

ページのトップへ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。