• 高校生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 社会人の方へ
  • 教職員の方へ
  • 学科紹介
  • 学費・奨学金
  • 当校の特徴
専門学校で学ぶメリット

専門学校で学ぶ4つのメリット

経済的な負担軽減は500万円以上
(4年制大学と3年制の専門学校の比較)

専門学校では3年間、大学では4年間かけて同じ内容を学び、最終的に国家試験に合格すると作業療法士、言語聴覚士として働くことができます。
同じ資格を取得するのであれば、この1年の差はとても大きいのではないでしょうか。
1年間の学費や生活費を考えてみてください。専門学校であれば合わせて1年間分、約200万円以上の支出が軽減できるのです。
また、資格取得後に就職して働けば、約300万円以上の収入となり支出と収入を合わせて500万円以上の経済的な負担軽減に結び付きます。


教員との距離が近く
きめ細やかな指導が可能

授業を聞いているだけでは自分で考える力は育ちません。学んだことを自分の知識として定着させ、日々の生活の中に取り入れながら自分自身で考え、解決することが大切なのです。
専門学校では、教員と学生の距離が近いというメリットを生かし、マンツーマンでじっくりと向き合いながら、知識や技術面のサポートを行います。また、知識を教えるだけでなく、実際に習得したスキルを日常生活場面や臨床実習などで、どのように活かしていくのか。学生と共に考えながら自らが答えを導き出せるよう指導を行っていきます。
サンビレッジでは、この知識と技術の両輪で総合的な教育を行い、自分で考え行動する力(能動性)を育みます。今、この「自分で考えて行動できる人」こそが、病院や企業で即戦力として求められる人材なのです。

年齢差20歳以上!
様々な年代の中で学ぶことができる

専門学校では社会人が多く在籍します。具体的な勉強を進めていくうえで、勉強が辛くなったり、目標を見失いかけたりすることもあるかもしれません。そんな時、同じクラスに人生の先輩がいると勉強のやり方のヒントをもらったり、励ましあったり、高めあう機会が得られます。様々な年代の中で学ぶメリットは、そんな人生経験が豊富な人が身近にいるということです。また社会人から学生になった人からも、若い人たちと一緒に勉強することがとても刺激的で楽しいという意見が多く聞かれます。

最短距離で資格が取れる

社会人の皆さん、今の仕事を辞めてもう一度学び直そうと思った時、4年間学びますか?3年間学びますか?同じ資格を取得するなら専門学校は最短で資格を取るもっとも近い道の一つです。

メリット

専門学校よりも大学?!
学歴を重視する見方がありますが…


世間では、大学卒と専門学校卒といえば大学卒の方が上という考え方があります。しかし、3年制の専門学校でも4年制の大学でも卒業して取得できる国家資格は全く同じで、取得する資格に学歴差はありません。大学を卒業すると「学士」、専門学校を卒業すると「専門士」の称号が与えられ、それにより初任給が異なるケースもあるかもしれません。しかし、臨床経験を積むにつれ、次第にその差は解消されていくはずです。

メリット

なりたい職業に直結している=曖昧な気持ちでは続かない?


学校教育法によると専門学校とは、「職業もしくは実際生活に必要な能力を育成し、または教養の向上を図ることを目的とする」と定められています。わかりやすく言うと、専門学校での学びは専門性が高く、目指す職に直結していると言えるでしょう。そのため、就職率も100%と非常に高く現場では即戦力と期待されています。一方で、「入学してから方向を決めればいいや」「医療・福祉系の資格が取れたら良いなぁ…」と、ただ漠然とした気持ちで入学すると「自分の想像と違う」と学ぶことの意味を失いかねません。「はやくセラピストになりたい」「早く現場で働きたい」と、入学前に目標を定めている方には専門学校という選択は近道かもしれません。

メリット

キャンパスライフは忙しい?


専門学校は資格取得後、すぐにその仕事に就けるよう即戦力を育てるカリキュラムが組まれています。なぜなら、病院や施設は高いモチベーションと、確かな技術や知識を身につけた学生を望んでいるからです。そのため、3年間という限られた期間の中で、確かなスキルや知識を取得しなければならず、日々のスケジュールはタイトで忙しいかもしれません。
一般的に大学よりも、専門学校の方が入学するのは安易と思われていますが、もしかしたら卒業するのは専門学校の方がシビアかもしれません。「そんなに忙しいの?」と驚きの声が聞こえてきそうですね。皆さんの想像する“楽しいキャンパスライフ”とは、ほど遠く感じた方もいらっしゃるでしょう。しかし、本当の意味での楽しさというのは、学びの中にこそあるのではないかと我々は考えます。
知らないことを学び、できなかったことができるようになる充実感や、困難に立ち向かい仲間と共に支え助けあう達成感。本当の楽しさというのは、こういった充実感や達成感の中にあるのではないでしょうか。
サンビレッジには、体育祭(サンビ祭)や文化祭(陽の里まつり)などの行事がありますが、どちらも学生が主体となって企画・運営を行っており、本当の楽しさをサンビの学生は知っています。楽しいキャンパスライフとは「学び」の中から得られるものなのです。

 ● ● ● ● ● ● 資料請求

Open Campus 申込 ● ● ● ● ● ● 

ページのトップへ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。