• 高校生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 転職や進路変更をお考えの方へ
  • 教職員の方へ
  • 学科紹介
  • 学費・奨学金
  • 本校の特徴

教員紹介

小林月子 学校長 趣味はママさんバレー。失敗してもめげずに続けられるのは声をかけてくれる仲間のおかげです。

プロフィール

【略歴】

最終学歴:1974年 東北大学大学院文学研究科社会学専攻修士課程修了。同博士課程中途退学
職歴:1974年 東北大学文学部で助手として、家族研究・農村社会の研究に従事した
1978年より岐阜大学教育学部で教員を目指す学生の教育・指導にあたりつつ、高齢社会の研究に従事した(1978年助教授、1999年教授、2014年定年退官)
2014年 岐阜大学名誉教授
2014年 サンビレッジ国際医療福祉専門学校 学校長に就任し現在に至る

【所属学会】

日本社会学会、東北社会学会、東海社会学会、福祉社会学会

【研究・教育活動】

主な論文
小林月子、時代を読んだ介護施設―社会福祉法人新生会の事例―、病院設備336, vol.59,no.4, 2017
小林月子、高齢者への「生活援助」活動―「ライフサポートつつみ」大垣市の事例―、社会学研究、第92号、2013年

【地域貢献】

この10年あまり、「NPO法人校舎のない学校」で、市民の助け合い事業「ライフサポーター」を養成しています。この活動は、大垣市、池田町をはじめ西濃地方の町村で広がっています。

【メッセージ】

 今日、人生が長くなってきています。90歳、100歳まで生きる人が稀ではなくなりました。人生のどこかの時点で、人が病気になったり障がいをもったりする確率は以前に比べるとグンと高くなってきました。ある人は生まれてすぐに、ある人は若くして病気や事故で障がいをもったりします。ある人は高齢になって寝たきりになったり認知症になったりします。昔は、そうなったら終わりだと考える人が大半を占めていました。でも今は違います。どの時点でそうなったとしても、それが終わりでは決してありません。むしろそこがスタートです。障がいがあってもなくても、人としての価値は同じです。どの時点で病気や障がいを持ったとしても、その後の人生を、人として誇りをもって生きていける社会をつくりたいですね。
 サンビ校では、そんな社会作りになくてはならない介護福祉士、作業療法士、言語聴覚士を養成しています。三つとも、支援を必要とする一人一人の方に寄り添う専門職です。その人がその後の人生を自分らしく希望をもって生きていけるよう支援します。あるイギリス人学者によると、これから10年余りの間に、今ある仕事の約半数は無くなるそうです。そんな時代にあっても、「人に寄り添う仕事」はなくならないどころか、ますます重要性を増していくでしょう。人として成長でき、人に感謝される仕事です。サンビ校でみっちり学び、専門職として全国に羽ばたいてください。

 介護福祉学科

学科主任 小泉祐子

プロフィール

【略歴】

日本福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 卒業
社会福祉法人 新生会 介護福祉士として勤務
サンビレッジ国際医療福祉専門学校 介護福祉学科 教員
介護教員講習会 修了

【資格】

介護福祉士 社会福祉士 介護支援専門員

【所属学会】

日本介護福祉士会 日本介護学会

【研究・教育活動】

岐阜県立揖斐高等学校 非常勤講師 (平成18~29年度)
介護福祉士国家試験(実技試験)実地試験委員 (第15~28回)
「介護福祉実習」(株式会社みらい)第3章5 執筆

【地域貢献】

中央法規出版 株式会社 全国統一模擬試験 解説担当(平成20~22年度)
公益財団法人 介護労働安定センター 介護福祉士受験対策講座 講師(平成24~27年度)
池田町立池田中学校 出張授業(平成27年度、30年度)
岐阜県立池田高等学校 出張授業(平成27~30年度)
揖斐高校 出張授業(平成27~30年度)
岐阜県立不破高等学校 出張授業(平成28年度)
岐阜県立岐阜総合学園高等学校 出張授業(平成28年度)
岐阜県介護人材キャリアパス支援事業 講師(平成23~30年度)
池田町認知症カフェ委託事業 講師(平成29年度、30年度)

【担当科目】

人間の尊厳と自立 社会の理解 介護の基本 生活支援技術 介護過程 介護総合演習 介護実習 障害の理解

【メッセージ】

 介護福祉士として特別養護老人ホームで介護に携わってきた経験を土台にしながら、介護の専門職として必要な知識・技術・態度を学生の皆さんに身に付けてもらえるように伝えています。  介護は、言ってみれば“自分” という道具を使って利用者の生活を支援する仕事です。どんな方にも通用するような道具となれるよう、“自分”を磨いてもらいたいと思っています。

教員 大窪明美

プロフィール

【略歴】

医療法人社団橘会 新生病院 勤務
大垣医師会立准看護婦学校 卒業
社会福祉法人 新生会 勤務
専門学校 日本福祉学院  卒業
サンビレッジ国際医療福祉専門学校 介護福祉学科 教員
介護教員講習会 修了
実務者研修教員講習会 修了

【資格】

准看護師 社会福祉主事  介護福祉士  介護支援専門員  社会福祉士

【所属学会】

日本介護支援専門員協会 岐阜県居宅介護支援事業協議会

【研究・教育活動】

高齢者認知症介護大府研修センター 非常勤講師(平成13~14年度)
岐阜県認知症実践者研修 講師
日総研セミナー講師 (名古屋 東京 仙台 福岡 岡山 広島)
平成13年度社会福祉施設実践研究発表 奨励最優秀賞
岐阜県立揖斐高等学校 非常勤講師
岐阜大学教育学部 非常勤講師(平成27~28年度)
ミネルヴァ書房「老人・障害者の心理」寄稿
日総研「ケアプランなるほどヒント集」共著
中央法規「尊厳を支えるケアを目指して」共著
日総研 「高齢者ケア」 投稿
日総研 「介護リーダー」 投稿
「ふれあいケア」 投稿

【地域貢献】

岐阜県介護人材キャリアパス支援事業 講師 (平成23~30年度)
岐阜県立池田高等学校 出張授業
岐阜県立益田清風高等学校 出張授業
岐阜県立大垣養老高等学校 出張授業
岐阜県立不破高等学校 出張授業
岐阜県立飛騨神岡高等学校 出張授業
岐阜県立吉城高等学校 出張授業
岐阜県立本巣松陽高等学校 出張授業
池田町立池田中学校 出張授業
岐阜農林 出張授業

【担当科目】

発達と老化の理解 介護の基本 介護過程 介護実習 障害の理解 介護総合演習

【メッセージ】

 40年余り医療と介護の現場でサービスを利用する方と関わった中で、知識と技術に裏付けられた介護が出来るか出来ないかはそのサービスを受けた利用者の方に大きな違いが出てくることを実感していました。介護は誰にでもできる仕事のように思われがちですが、しっかりした知識と技術の学びがとても重要です。介護福祉士はどの専門職よりサービスの利用が必要になった方の一番身近で、最も関わりが多い専門職です。現場の事例をもとに、相手の立場になって考え、心のこもった介護ができる介護福祉士を育てます。

教員 鵜飼優子

プロフィール

【略歴】

岐阜県立大垣看護専門学校 卒業
大垣市民病院 看護師として勤務
県内 精神科病院 看護師として勤務
社会福祉法人 新生会 看護師として勤務
サンビレッジ国際医療福祉専門学校 介護福祉学科 教員
介護教員講習会 修了
医療的ケア教員講習会 修了

【資格】

看護師

【研究・教育活動】

岐阜県立大垣桜高等学校 非常勤講師 (平成27~31年度まで継続)

【地域貢献】

岐阜県難病支援応援員、池田町認知症カフェ委託事業 温咲カフェ講師(平成30年度)

【担当科目】

こころとからだのしくみ 医療的ケア 介護過程 介護実習 介護総合演習

【メッセージ】

 法改正により、介護福祉士が喀痰吸引、経管栄養といった一部医療行為を行うことができるようになりました。福祉と医療両方の知識を学び、さらなる活躍が期待されることになったわけです。安全な技術を習得することはもちろんですが、何よりも医療行為を受ける利用者さんのつらい気持ちを受けとめ配慮した対応ができる介護福祉士を育成していきたいと思っています。

教員 和久井愛

プロフィール

【略歴】

サンビレッジ国際医療福祉専門学校 介護福祉学科 卒業
社会福祉法人 新生会 介護福祉士として勤務
サンビレッジ国際医療福祉専門学校 介護福祉学科 教員
介護教員講習会 修了
実務者研修教員講習会 修了

【資格】

介護福祉士

【所属学会】

日本介護福祉士会 日本介護学会

【研究・教育活動】

岐阜県立揖斐高等学校 非常勤講師 (平成24~26年度)
第28回介護福祉士国家試験(実技試験)実地試験委員
一般社団法人 KJK 介護福祉士実務者研修教員養成講習会 講師 (平成29年度)
レクリエーション・インストラクター養成講習会 講師 (平成27~29年度)
一般社団法人 岐阜県介護福祉士会
「新人介護職員のための技術研修と交流会」 講師 (平成29~30年度)
「介護福祉士基本研修」 講師 (平成29~30年度)
「技能実習指導員講習会」 講師 (平成29~30年度)

【地域貢献】

岐阜県介護人材キャリアパス支援事業 講師(平成23~24・28・30年度)
池田町立池田中学校 出張授業(平成28~30年度)

【担当科目】

生活支援技術 介護過程 介護の基本 介護実習 介護総合演習

【メッセージ】

 自分や自分の周りの人の気持ちを大切にできることは介護職にとって大切なことです。相手の気持ちを考えながらお一人おひとりの利用者に向き合い、その人にとって何が最善かを考え、それを実践し、利用者・家族が「これでよかった」と最期を笑顔で迎えられる、そんな関わりができる介護福祉士を育成したいと思っています。

プロフィール

【略歴】

立命館大学産業社会学部人間福祉学科 卒業
社会福祉法人新生会 株式会社新生メディカル
介護福祉士として勤務
サンビレッジ国際医療福祉専門学校 介護福祉学科 教員

【資格】

社会福祉士 介護福祉士 介護支援専門員

【地域貢献】

池田町地方創生事業 ママカフェHuuwa 主催
任意団体 smile farm主催

【担当科目】

社会と理解 人間の尊厳と理解 介護実習

【メッセージ】

 人は一人では生きていくことはできません。こどもも高齢者も私たちも同じです。社会の変化により、地域や人の様々なつながりが絶たれている今。困っている人が地域にいる。助けられる人も地域にいる。でも、お互いにつながりがなく結びついていない現実があります。
 地域の中でもう一度つながれる仕組みを作り、地域の中の結びつきを再構築する。
 今ないものは作ればいい!!柔軟な発想で、住みやすい、だれもが安心して暮らすことのできる街づくりが福祉の仕事を通してできると考えています。地域とともに成長していける人材を育成します。

 作業療法学科

総学科長 廣瀬武

プロフィール

【略歴】

中京大学 体育学部 健康教育学科 卒業
サンビレッジ国際医療福祉専門学校 作業療法学科 卒業
揖斐厚生病院 リハビリテーション科 勤務
サンビレッジ国際医療福祉専門学校 作業療法学科 教員

【資格など】

作業療法士
認知症ケア専門士 取得
生活行為向上マネジメント研修 修了
第44回理学療法士・作業療法士・言語聴覚士 養成施設教員等講習会 受講

【所属学会】

日本作業療法協会 岐阜県作業療法士会 認知症ケア学会

【社会活動】

岐阜県作業療法士会 理事
第16回 東海北陸作業療法学会 身障分野 座長
第22回 岐阜県作業療法学会 身障分野座長
平成30年度 岐阜県介護ロボットのニーズ、シーズ連携協調協議会議員

【研究・教育活動】

岐阜大学教育学部 非常勤講師(平成29年度)
岐阜県立揖斐高等学校 非常勤講師(平成28~30年度)

【発表履歴】

つまみ機能に着目した一症例:廣瀬武.第12回岐阜県作業療法学会
第42回 日本作業療法学会 OTが考える訓練用具コンテスト 目からうろこ賞受賞
握りプラス動作に対する一考察~手に二重課題を与える評価~:廣瀬武.第15回岐阜県作業療法学会(最優秀賞受賞)
手指自動伸展不全と関節修正に対しSplintを適応した一症例~関節拘縮のメカニズムを利用して~:廣瀬武.第8回東海北陸作業療法学会

【論文掲載】

手指自動伸展不全と関節修正に対しSplintを適応した一症例~関節拘縮のメカニズムを利用して~:廣瀬武 岐阜作業療法,Vol12.2009.
つまみ機能に着目した一症例:廣瀬武 岐阜作業療法,Vol13.2010.
握りプラス動作に対する一考察~手に二重課題を与える評価~:廣瀬武 岐阜作業療法,Vol15・16.2013.

【地域貢献】

岐阜県立池田高等学校 出張授業(平成28~30年度)
岐阜県立大垣桜高等学校 出張授業(平成28~30年度)
岐阜県立大垣養老高等学校 出張授業(平成28年度)
岐阜県立益田清風高校 出張授業(平成29~30年度)
池田町立池田中学校 出張授業(平成28年度)
岐阜市立陽南中学校 出張授業(平成29~30年度)
伊那西高等学校 出張授業(平成27~30年度)

【担当科目】

①体育 ②解剖学(運動器) ③リハビリテーション学 ④臨床運動学 ⑤作業療法概論Ⅱ ⑥基礎作業学実習 ⑦身体障害 ⑧身体障害Ⅰ・Ⅱ ⑨義肢・装具 ⑩地域作業療法学Ⅱ

【メッセージ】

 今後日本は更に高齢化が進んでいきます。それを支える人工知能やIOT技術も急速に進歩します。しかし、どうしても「人が支えていかなければならない部分」が存在します。相手のニーズに合わせて、柔軟かつ早急に対応を求められる部分です。その部分こそ作業療法士が最も得意とする分野になってきます。その方にとって大切な作業や生活の継続を考え支え続けていく。そんな幅広い視野を持った作業療法士を育成していきたいと思っています。

学科主任 今井勝紀

プロフィール

【略歴】

サンビレッジ国際医療福祉専門学校 作業療法学科 卒業
関中央病院 リハビリテーション科 勤務
サンビレッジ国際医療福祉専門学校 作業療法学科 教員

【資格など】

作業療法士
生活行為向上マネジメント研修 修了
作業療法士生涯教育 基礎研修 修了

【所属学会】

日本作業療法士協会 岐阜県作業療法士会

【発表履歴】

余暇活動の提供によって作業機能障害が低減した一症例:今井勝紀,古桧山建吾,中野美稚,篠原香.第18回岐阜県作業療法学会
余暇活動の提供によって作業機能障害が低減した一症例~第二報~:今井勝紀,古桧山建吾,篠原香,高田真由.第15回東海北陸作業療法学会
生活行為向上マネジメントにCAODとSAMRを活用したことで訓練効果が捉えやすくなった一症例:今井勝紀,古桧山建吾,篠原香,鈴木愁季.第50回全国作業療法士学会

【論文掲載】

今井勝紀,古桧山建吾:余暇活動の提供によって作業機能障害が低減した一症例 ~楽しみが役割の獲得へつながる~.岐阜作業療法Vol.20,2017.

【共同発表】

調理によって作業剥奪が低減した一症例:篠原香,古桧山建吾,今井勝紀,中野美稚.第18回岐阜県作業療法学会
栄養リハビリテ―ションによって日常生活動作能力が向上した一症例:中野美稚,篠原香,今井勝紀,古桧山建吾.第18回岐阜県作業療法学会
家事動作を価値のある活動として再獲得した症例:鈴木愁季,古桧山建吾,今井勝紀,大坪香.第20回岐阜県作業療法学会
作業バランスへの介入によりQOLが向上した一症例:大坪香,古桧山建吾,今井勝紀,高田真由.第15回東海北陸作業療法学会
人的環境への介入により退院後も役割を継続することができた一症例:高田真由,大坪香,古桧山建吾,今井勝紀.第15回東海北陸作業療法学会
身体障害領域の作業療法士を対象にした信念対立の実態調査:古桧山建吾,寺岡睦,小川晶,今井勝紀,永井成佳,篠原香,三宅優紀,京極真.第29回岐阜県病院協会医学会

【地域貢献】

垂井町立不破中学校 出張授業(平成28年度)
池田町立池田中学校 出張授業(平成29~30年度)
池田町立池田小学校 授業(平成29~30年度)
大垣養老高校出張授業(平成30年度)
岐阜農林高校(平成30年度)

【担当科目】

①解剖学(運動器) ②解剖学実習 ③運動学実習 ④人間発達Ⅰ ⑤リハビリテーション学 ⑥作業療法概論Ⅱ ⑦基礎作業実習 ⑧臨床運動学 ⑨身体障害 ⑩身体障害Ⅰ ⑪地域作業療法学実習Ⅱ ⑫臨床実習Ⅱ-1、Ⅱ-2

【メッセージ】

 作業療法士には、基礎的な知識を基盤として、専門的(医療、保健、福祉)な知識、日常生活活動(食事、更衣、整容など)の知識、教養などが求められます。暗記での知識では、作業療法士として働くには困難です。そこで、授業や実習で学んだ事を一つひとつ関連付けて、理解を深めるように勉強していきましょう。わからないことはそのままにせず、自分で調べ、教員にも質問してみてください。自ら計画を立て、学習・行動しましょう。社会に必要とされる作業療法士になりませんか?

教員 白石友美

プロフィール

【略歴】

サンビレッジ国際医療福祉専門学校 作業療法学科 卒業
愛知県厚生農業協同組合連合会 江南厚生病院 勤務
サンビレッジ国際医療福祉専門学校 作業療法学科 教員

【資格など】

作業療法士
生活行為向上マネジメント研修 修了
第43回理学療法士・作業療法士・言語聴覚士養成施設等教員講習会 修了

【所属学会】

日本作業療法士協会 岐阜県作業療法士会

【社会活動】

岐阜県作業療法士会 会員情報部 部員

【発表履歴】

頚髄損傷のリハビリテーション:三島友美.第8回東海北陸学会
肩関節回旋筋群の筋力増強訓練指導の経験:三島友美,吉田慎一.第59回日本農村医学学術総会

【地域貢献】

岐阜県立郡上高等学校 出張授業(平成29年度)
池田町立池田小学校 出張授業(平成28年度)
介護予防教室(認知症予防) いきいき元気の会 講師(平成26~27年度)
岐阜県介護人材キャリアパス支援事業 講師(平成26~27年度)
岐阜県福祉総合相談センター リハビリ講習 非常勤講師(平成27年度)

【担当科目】

①人間の自立と尊厳 ②運動学総論 ③運動学実習 ④リハビリテーション学 ⑤作業療法概論Ⅱ ⑥基礎作業学実習 ⑦発達障害 ⑧身体障害Ⅱ ⑨義肢・装具 ⑩リハ関連機器Ⅰ

【メッセージ】

 作業療法の勉強をしていると、遊びやボランティアも含め自身の生活体験が役に立つことがあります。というのも、作業療法士は日常生活をより良くするためのリハビリテーションを提供する職種だからです。ですから、日常生活に関連することを学ぶことも多く、自身の体験と結びつけながらより理解を深めていくことができるのです。在学中に基本的な医学知識・技術をしっかり身に付けていくことはもちろん、様々なことにチャレンジすることも忘れず、いろんなことを学んでいきましょう!

教員 佐々木ゆかり

プロフィール

【略歴】

サンビレッジ国際医療福祉専門学校 作業療法学科 卒業
社会医療法人 緑峰会 養南病院 勤務
サンビレッジ国際医療福祉専門学校 作業療法学科 教員

【資格など】

作業療法士
一般社団法人国際統合リハビリテーション協会
MART 上級研修終了

【所属学会】

日本作業療法士協会 岐阜県作業療法士会

【論文掲載】

慢性高齢精神患者に対する運動プログラムの効果:佐々木ゆかり.岐阜作業療法VoL.20 2017.

【共同発表】

精神科病院における家族教室の取り組み:林昌吾,佐々木ゆかり他.第15回東海北陸作業療法学会
急性期治療病棟における気分障害患者を対象とした足浴プログラムの効果:門脇真司,佐々木ゆかり他.第16回東海北陸作業療法学会

【地域貢献】

岐阜県立池田中学校 出張授業(平成29~30年度)
岐阜県立池田小学校 出張授業(平成29年度)
池田町認知症カフェ委託事業 温咲カフェ 講師(平成29年度)

【担当科目】

①運動学実習 ②リハビリテーション学 ③作業療法概論Ⅰ・Ⅱ ④基礎作業学実習 ⑤総論 ⑥精神障害 ⑦認知障害 ⑧総合作業療法学演習 ⑨地域作業療法学Ⅰ ⑩地域作業療法学実習Ⅰ ⑪臨床実習Ⅰ

【メッセージ】

 作業療法士という専門職になるにあたり、勉強は大変かもしれませんが、すべては患者様のため、そして自分自身の為に学べるように先輩OTとして後輩の育成に努めたいと思います。そして専門技術の向上や開発などの資質向上ばかりでなく、人間的な魅力も在学中に構成されるように学生と共に学んでいければと思います。

プロフィール

【略歴】

平成医療専門学校 作業療法学科 卒業
1998 岐阜県愛生病院 リハビリテーション部 勤務
2003 岐関中央クリニック ひまわりデイケア 勤務
2008 サンビレッジ新生苑 生活療法科 勤務

【地域貢献】

福祉機器展開催(サンレッジ国際医療専門学校体育館にて)
七郷小学校(体験)授業(作業療法について)
池田小学校(体験)授業(作業療法について)
池田中学校(体験)授業(作業療法について)
池田高校授業(作業療法について)
(池田町・神戸町)小学生対象 夏休みキッズセミナー
(池田町・神戸町)地域住民対象 転倒予防教室実施
(池田町・神戸町)地域住民対象 認知症予防教室実施

【担当科目】

➀作業療法治療学Ⅱ 呼吸器 リウマチ ②作業療法治療学 老年期 リハ関連機械Ⅰ・Ⅱ ③地域作業療法学Ⅱ ④介護の基本 ⑤生活支援技術 ⑥リハビリテーション概論

【メッセージ】

 逆境をチャンスに変えましょう。

プロフィール

【略歴】

サンビレッジ国際医療福祉専門学校 作業療法学科 卒業
西美濃厚生病院 リハビリテーション科 勤務
サンビレッジ国際医療福祉専門学校 作業療法学科 教員

【資格など】

作業療法士

【所属学会】

日本作業療法協会 岐阜県作業療法士会

【発表履歴】

趣味活動の再開から活動意欲が向上し,ADLの介助量が軽減した症例
 :第20回岐阜県作業療法学会
セルフタッチ訓練により半側空間無視と身体失認が改善した症例
 :第21回岐阜県作業療法学会

【社会活動】

岐阜県作業療法士会 理事

【担当科目】

①作業療法治療学(身障Ⅰ) ②作業療法評価学(身障) ③運動学各論(上肢・下肢)④運動学総論 ⑤運動学実習 ⑥解剖学Ⅲ(運動器) ⑦リハビリテーション学 ⑧基礎作業学実習(木工)

【メッセージ】

作業療法士として臨床現場で働いていた頃、“人を支える仕事”だからこそ経験できたことが沢山ありました。人生の先輩である患者様の言葉で自分が救われた事・生活支援の難しさを感じた事・発達領域のセラピィで子供の純粋さに触れた事など、一言では表せないほど多くの事を学ばせて頂きました。臨床現場での経験は今の自分を支える大切な一部であり、とても良い方向に働いていると感じています。作業療法士は皆さんの経験がとても活きる職業です。時間が許す限り、沢山のことに挑戦してみてください!作業療法士を目指して、一緒に頑張っていきましょう!

 言語聴覚学科

学科主任 森和歌子

プロフィール

【略歴】

川崎医療福祉大学医療技術学部感覚矯正学科言語聴覚専攻 卒業
医療法人和光会山田病院 介護老人保健施設寺田ガーデンで言語聴覚士として勤務
岐阜大学医学部附属病院リハビリテーション部で言語聴覚士として勤務
サンビレッジ国際医療福祉専門学校 言語聴覚学科 教員

【所属学会】

日本言語聴覚士協会 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会 岐阜県言語聴覚士会

【社会活動】

岐阜県言語聴覚士会 理事
第30回 岐阜県病院協会学会 リハビリ分野 座長

【研究・教育活動】

岐阜大学教育学部 非常勤講師(平成29年度)
岐阜県立揖斐高等学校 非常勤講師(平成24年度~平成26年度)

【発表履歴】

デイケア利用者における摂食嚥下能力の実際とその把握:今西和歌子.全国デイケア研究大会2003in札幌
当施設の嚥下リハの取り組み~老健での限界と可能性~:今西和歌子.第15回全国介護老人保健施設大会
第9回 日本言語聴覚学会 発表

 

【地域貢献】

岐阜県介護人材キャリアパス支援事業講師(平成25~29年度)
岐阜県立本巣松陽高等学校 出張授業 (平成29年度)
岐阜県立池田高等学校 出張授業 (平成29年度)
岐阜県立大垣桜高等学校 出張授業 (平成24~26年度)
岐阜県立東農実業高等学校 出張授業(平成25~26年度)
池田町立池田中学校 出張授業(平成29年度)
岐阜県立大垣商業高校 出張授業(平成29年度 岐阜県言語聴覚士等普及啓発事業)
岐阜県立岐阜農林高校 出張授業(平成29年度 岐阜県言語聴覚士等普及啓発事業)
池田町認知症カフェ委託事業 温咲カフェ 講師(平成29年度)

【担当科目】

聴覚障害概論 高次脳機能障害学 言語聴覚障害診断学 失語症演習Ⅰ 音声障害 失語症演習Ⅱ 構音障害Ⅱ(器質性) 臨床実習Ⅱ 基礎演習 セミナー 卒業研究

【メッセージ】

 言語聴覚士はことばと耳のきこえを中心としたコミュニケーション、そして飲み込みについて問題を抱えた方を支援する専門家です。その対象は赤ちゃんから高齢者まで幅広く、言語聴覚士は様々な背景を抱えた、あらゆる年代の方々に寄り添う力が求められます。遠く離れた方に電話をかけたり、手紙を書いたりして思いを伝えた時間は、いつしかメールやSNSに変化し、求められるコミュニケーション能力は少しずつ変化してきました。しかしながらどれだけ時代が変わっても、私たち言語聴覚士の大切な役割は「誰かに思いを伝えたい」気持ちを支えることに変わりありません。これまでの人生で経験した様々なことを土台とし、高い専門知識・技術をもって、これから出会う対象者に寄り添っていける言語聴覚士を共に目指していければと思います。

教員 森晃雄

プロフィール

【略歴】

法政大学 法学部 政治学科 卒業
アリコジャパン 勤務
トヨタ紡織株式会社 勤務
日本聴能言語福祉学院 補聴言語学科卒業
医療法人珪山会 鵜飼リハビリテーション病院 勤務
サンビレッジ国際医療福祉専門学校 言語聴覚学科 教員

【所属学会】

日本言語聴覚士協会 日本ディサースリア臨床研究会

【社会活動】

岐阜県介護人材キャリアパス支援事業講師(平成26~29年度)
全国リハビリテーション学校協会 東海部ブロック教育部(平成30年度)

【研究・教育活動】

全国回復期リハビリテーション病棟連絡協議会研究大会(平成23年度)
「観察場面からの注意障害評価シートについて~多職種による使用からの検討~」共同発表
岐阜県立揖斐高等学校 非常勤講師(平成28年~30年度)

【地域貢献】

岐阜県立大垣桜高等学校 出張授業 (平成28年~30年度)
私立伊那西高等学校 出張授業(平成30年度)
岐阜県言語聴覚士等普及啓発事業(平成30年度出張講義)
県立岐阜商業高等学校、県立関有知高等学校、私立高山西高等学校
池田町認知症カフェ委託事業温咲カフェ講師

【担当科目】

失語症概論 高次脳機能障害学 構音障害Ⅲ(運動性) 臨床実習Ⅰ 言語聴覚障害診断学 英文抄読 失語症演習Ⅱ セミナー 卒業研究

【メッセージ】

 言葉は人と人を繋ぐ大切なコミュニケーションツールです。その言葉を病気で失ったとしたら…。もし、食事を口からおいしく食べることができなくなったとしたら…。
言語聴覚士は、コミュニケーションや嚥下のリハビリ行う専門家です。少子高齢化社会へ進み続ける現代日本において、その高い専門性は、地域の医療現場のみならず福祉や療育施設に至るまで、幅広い分野で今後も活躍が期待されています。私たちはそんな地域社会に貢献できる言語聴覚士を育てたいと考えています。

教員 湯川朗子

プロフィール

【略歴】

サンビレッジ国際医療福祉専門学校 言語聴覚学科 卒業
医療法人百葉の会 介護老人保健施設 ききょうの郷 入職
サンビレッジ国際医療福祉専門学校 言語聴覚学科 教員
第44回 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士養成施設教員等講習会 受講

【所属学会】

日本言語聴覚士協会 静岡県言語聴覚士会 岐阜県言語聴覚士会
日本ディサースリア臨床研究会

【社会活動】

西伊豆失語症者のつどい

【地域貢献】

岐阜県立本巣松陽高等学校 出張授業 (平成29年度)
池田町立池田中学校 出張授業 (平成29年度)

【担当科目】

嚥下障害学演習Ⅰ・Ⅱ 構音障害Ⅲ(運動性) 介護の基本F リハビリ概論 地域福祉論 言語聴覚障害学総論 失語症演習Ⅱ 学外体験実習Ⅰ セミナー 卒業研究

【メッセージ】

 言語聴覚士は現在、約28000人の有資格者がおりますが、リハビリテーションに関わる専門職の中でもまだまだ少ない人数です。しかし、言語聴覚士の対象とする「話す」「聞く」「食べる」ということは、日々の生活を送る上で欠かすことのできない重要な事柄です。そんな機能を失ってしまったら…と考えると非常につらいと思います。でも、それを取り戻すことでみられる笑顔は何事にも代えがたいものです。
人の想いに寄り添い歩んでいける、そんな知識・技術だけでなく気持ちも大切にした言語聴覚士を育てていければと思っています。

教員 倉知雅史

プロフィール

【略歴】

平成 8年 三重大学 人文学部 社会科学科 卒業
平成18年 サンビレッジ国際医療専門学校 言語聴覚学科 卒業
平成18年~ 社会福祉法人 新生会 サンビレッジ新生苑 入職
平成29年~ サンビレッジ国際医療福祉専門学校 言語聴覚学科 教員(人事異動にて)

【所属学会】

日本言語聴覚士協会
岐阜県言語聴覚士会

【社会活動】

平成22年~平成30年 訪問リハビリテーション地域リーダー(岐阜県)
平成23年~平成31年 岐阜県言語聴覚士会 理事
平成29年~平成30年 POS地域包括ケアシステム推進委員会 委員
平成31年~ (一社)岐阜県リハビリテーション協議会 監事
2019年度 高校生 理学療法・作業療法・言語聴覚療法1日体験事務局

【取得資格】

言語聴覚士、介護福祉士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーター2級

【担当科目】

神経系医学 聴覚障害概論 解剖学Ⅲ 嚥下障害学演習Ⅰ・Ⅱ 社会保障制度(関係法規含む) 学外体験実習Ⅱ 構音障害Ⅱ(器質性) セミナー 卒業研究

【メッセージ】

 動物の中で人間にしかできないことがいくつかあると思います。会話、音声による意思の伝達が可能な動物もいますが、文字や音声以外の言語を使った意思の伝達は人間だけです。
そのような言語機能をはじめとした「高次脳機能」が人間の脳には備わっています。その仕組みに障がいのある方のお手伝いをするのが私たちの仕事のひとつです。
動物として大切なことを自覚したうえで、人間らしく生きるため支援をしていきたいと考えています。

プロフィール

【略歴】

サンビレッジ国際医療福祉専門学校 言語聴覚学科 卒業
岐阜県立希望が丘こども医療福祉センター リハビリテーション課 勤務
医療法人和光会 山田病院 リハビリテーション部 勤務
サンビレッジ国際医療福祉専門学校 言語聴覚学科 教員

【所属学会】

岐阜県言語聴覚学会

【研究】

第60回全国肢体不自由児療育研究会
「自閉症スペクトラム障がいと診断された年長児への家庭療育プログラムの有用性」 共同研究

【担当科目】

言語発達障害学演習Ⅰ 言語発達障害学演習Ⅱ 構音障害Ⅱ(器質性) 吃音 セミナー 卒業研究

【メッセージ】

 子どもを対象とした言語聴覚士は、子どもの良いところを見つけ、今後のコミュニケーション、食事、学習等をより良くする事も目指します。子ども達の将来を考え、リハビリを行うことが重要になります。子どもとコミュニケーションが取れた、生活がより良いものになった、分からなかったことが「分かった」時は、とても嬉しい瞬間です。そんな瞬間にたくさん出会うことができ、一緒に成長できる仕事です。相手の良いところをたくさん見つけ、共に喜べる言語聴覚士を一緒に目指していきたいと思います。

 事務 スタッフ

太田かよ子

プロフィール

【略歴】

名古屋大学 農学部 農学科 卒業
愛知県立一宮養護学校 理科教員として勤務
国立療養所東名古屋病院附属リハビリテーション学院 理学療法学科 卒業
医療法人社団誠広会 岐阜リハビリテーション病院 リハビリテーション科 勤務(昭和62~平成8年)
学校法人誠広学園 平成医療専門学院 理学療法学科 勤務(平成2~9年度)
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士 養成施設教員等講習会 受講
サンビレッジ国際医療福祉専門学校 教員

【所属学会】

公益社団法人 日本理学療法士協会 岐阜県理学療法士会

【研究・教育活動】

学校法人神野学園 東海福祉情報観光専門学校 非常勤講師(平成10~11年度)

【地域貢献】

株式会社 新生メディカル 訪問介護員養成研修2級課程 非常勤講師(平成11~12年度)
岐阜県福祉総合相談センター リハビリ講習 非常勤講師

【担当科目】

自然科学の基礎 生理学実習 運動学総論 運動学各論 リハビリテーション学(作業療法学科)
保健体育 リハビリテーション医学(言語聴覚学科)

【メッセージ】

 社会人として、また専門職として必要とされる人となるために、「人として生きる力の基礎(共感力 言語力 創造力)」の見直しと「専門技術の基礎」の習得することを求めます。単純、簡単と思われることは100%確実に身につけてほしい。いつかその人なりの大輪の花を咲かせることができます。

 ● ● ● ● ● ● 資料請求

Open Campus 申込 ● ● ● ● ● ● 

ページのトップへ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。